当院に内視鏡を導入しました

当院に内視鏡を導入しました。
内視鏡によって、当院での対応症例も増えるとともに、治療・検査の選択肢も増えます。

内視鏡
食道・胃・十二指腸は内側にあたる粘膜に病変が発生する傾向にあります。

画像による検査はレントゲン検査、超音波検査、CT検査、MRI検査など多数ありますが、粘膜表面を内側から直接見ることができるのは内視鏡検査だけです。

また病変を肉眼で観察した後は病理検査用の材料も採取することができ、病気を診断することができます。

胃腸の病気を発見するために大変有用な検査器具です。

また異物を飲み込んだ場合、開腹しないで(お腹を切らずに)内視鏡で異物を取り出すことができます。
(異物の種類や形状、大きさ、状態によっては開腹が必要な場合があります。)

様々な病気が原因で、食事を口から取れなくなった時、内視鏡を使って胃ろうチューブ(胃に直接食物・水を入れられるチューブ)を設置して栄養管理をすることができます。

※検査/処置は全身麻酔下で行います
※検査には絶食が必要です
※病変の場所によっては内視鏡が届かない場合もあります

最新情報カテゴリーの記事